外車を個人輸入で購入する

運転免許取得して、一番最初に乗るクルマが外車……という人たちも。

もちろんそれもありですが、 クルマに拘りを持っている人たちは、クルマを個人輸入などしているようです。

相当レベルの高いテクニックですが、クルマに対しての関心度は、この程度みなさんにも持っていただきたいですね。そうすれば、合宿免許の運転免許取得なんて気合いで即免許取得することができます。

インターネットでお気に入りのクルマを見付けた

いろいろ、インターネット情報などチェックしていると、こんなクルマが欲しいということがあるのではないでしょうか。

そして、そのクルマは、日本の正規ディーラーでは扱っていないということもあります。

でも、ないと思えば、またまたなんとしても欲しいと思うものではないでしょうか。

合宿免許の相部屋でそのような過ごし方をしている人たちも少なくありません。

お気に入りのクルマをゲットする方法は、個人輸入です。海外のクルマをゲットするため、日本国内の正規ディーラーや正規輸入代理店を通さないで輸入する方法のことを、並行輸入といういい方をします。

車検の問題

個人輸入が簡単に出来るのかと言えば、簡単は簡単といういい方が出来るかもしれませんが、例えば、車検証の問題などが絡んで来たりします。

日本で中古車を購入するとき、車検付きの中古車を購入することができますが、例えばアメリカでも車検付きの中古車が販売されています。

アメリカでの車検証のことは、 「ピンクスリップ」といういい方をするようですよ。ちょっとした豆知識です。

しかし、「ピンクスリップ」のついているアメリカ車を購入してOKということではなく、そのままの状態ではクルマに乗ることができません。

あなたが、個人輸入した外車に乗りたいと思えば、日本の車検に合格して車検証が発行される必要があります。まあ、正直言って手間は手間と感じるでしょう。

ネットサイトから購入

日本の方々が、中古車を購入するとき、 カーセンサーやグーネットのような中古車情報サイトを利用したりしますよね。

アメリカでも、そのようなサイト文化は非常に発達しています。「Nadaguides」など非常に有名どころですね。

あと、アメリカでは、オークションやフリーマーケットでのクルマの取引が、結構頻繁に行われています。

日本でも実際にオークションのやりとりはされていますが、なかなか個人が参加するのは難しいでしょう。

また、インターネットを利用して、日本にいても、クルマをしっかりリサーチすることができます。