外車を並行輸入 こんなことに注意

合宿免許で免許取得して、外車を個人輸入……、果たして難易度はどの程度なのでしょうか。

クルマの個人輸入はこんなことに注意しなければならない

慣れている人たちはいいですが、やっぱりクルマの個人輸入って、結構ハードルは高い感じではないでしょうか。

安易に個人輸入してしまえば、間違いなく外れクジを引いてしまうことになります。

あなたは、クルマを購入する上で、価格は非常に気になる問題です。

日本市場ではある程度クルマのクオリティーを信頼しているところがあるかもしれないですよね。しかし、個人輸入の場合は、油断しているととんでもないことになってしまうかもしれないですよ。

リーズナブルだからいいと思っているものの、買ってすぐに故障してしまうものもあります。

あなたは、個人輸入でしっかりリサーチしてクオリティーの高いクルマを購入することができれば、またあなたが売ろうとするとき、高い価格を期待出来るでしょう。

あなたが個人輸入で注意しなければならないのは、「査定基準」というものが存在していることは存在していますが、日本と比較して全然甘いです。

日本の場合は、修復歴ありとあれば、敢えて購入することも、やめておこうということも出来る訳ですが。しかし、これをアメリカ基準でお話しすれば、修復歴なしというクルマでも、日本では修復歴ありのクルマ対象となるケースが多々あります。

どのような方法で問題を回避することができるかと言えば、信頼できる代行業者に依頼するというのがいいでしょう。そして、直接クルマを確認するというも方法です。

日本に到着してしなければならない手続き

また日本に到着してしなければならない手続きがあります。それは、日本の税関にて輸入手続です。

さまざまな書類を作成して提出する必要があり、消費税や通関印紙代なども支払いすることで、はじめてあなたが輸入してno problemということになります。

アメリカで輸出する際に税関検査を受けたと主張する人たちもいますが、別に日本の税関で検査。

では、このような面倒くさい手続きを踏めば、晴れて外車に乗ることができるのでしょうか。

いえ……、 まだまだ問題が。排出ガス規制が日本にはあるため、あなたは排出ガス検査を受ける必要があります。

更に日本には、ディーゼル車の排出ガスを規制があり、規準OKのクルマには、ステッカーが貼られることになります。指定地域内で登録・走るためには、必ず規準を満たし、このステッカーをクルマに貼る必要があります。